日曜大工をプロがサポート DIY+(プラス)
リンク 更新履歴 サイトマップ
DIYマメ知識
 
「吊戸棚」の作り方4 -框扉の制作(前準備と下穴加工)-
吊戸棚トイレの小物等を収納する「吊戸棚」の作り方をご説明します。(今回は下穴があいていない状態での作り方をご説明します。)

本体には20mm厚のパイン集成材を使い、左側の扉はシナランバー、右側の扉はパイン集成材の枠組みに半透明のアクリル板をはめこみます。部材数も少なくサイズも手ごろなので、初心者でも簡単に組み立てる事ができます。(>> 図面のサンプルはこちら
 
必要な道具
サンドペーパー インパクトドライバー、又はドライバードリル (+)ビット 下穴ビット
木栓組みビット 金槌 ノコギリ 手回しドライバー(+)
サシガネ、又はものさし カッター 下地探し  

 
あると便利な道具
木栓専用ノコギリ
ケヒキ キリ、又はポンチ テープカッター
 
框扉の制作(前準備と下穴加工)
 
サンドペーパー掛け本体と同様に、各部材にサンドペーパーを掛けます。今回はアクリル板をはめ込むので、組み立て前に塗装もしておくとアクリル板を汚さずに済みます。
 
下穴加工扉は縦桟勝ちで組み立てます。本体と同様に、縦桟にビス位置を印して、木栓穴→ビス下穴の順番で穴をあけます。
 
下穴加工穴をあけた縦桟に横桟をあてがった状態で、下穴を横桟まで貫通させます。これはビスを打ち込んだ状態で縦桟と横桟とを正しい位置で組むための道筋となります。

扉の部材は細いためビスケットジョイントが使えません。そのため位置はビス穴によって決まるので、慎重に位置を合わせます。本体を組む時に下穴の貫通を省略したかもしれませんが、ここでは「位置決め」と言う役割もあるので省略せずに必ずあけるようにします。 コツは、端材などを下に敷いてインパクトドライバーを水平にあてる事です。
 
下穴加工穴をあける度に接合部へ番号をつけておくと、組み付ける場所を間違わずに済みます。せっかくピッタリの位置に下穴で道筋をつけても、組み付ける部材を間違えると正確な扉が作れなくなるので注意が必要です。

特に同じような扉を複数作る場合は、番号やアルファベットを使って整理しておかないと、どの部材とどの部材を組めばよいかわからなくなってしまいます。
 
組み立てビス組み立てビスはこのような位置に納まります。
 
ビス打ち加工ビス打ちは必ず水平な台の上で行います。ビスを打ちながら水平もチェックして、プロペラのようにねじれているようでしたら、全部のビスを打ち込む前に矯正しながら作業するようにします。
 
扉加工 扉加工コの字型に組んだらアクリル板を差し込み、全てのビスを打ち込んだら本体と同様に木栓でビス頭を隠します。
>> 次のステップは「框扉の制作(木面材扉の制作)」です
関連項目
「吊戸棚」の作り方5 -框扉の制作(木面材扉の制作)-
縦勝ちと横勝ち
>> DIYマメ知識の一覧に戻る
 
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@diy-plus.net
無料お見積もりのご依頼はこちら